内湾の移動はやっぱり船がいちばん

往路は鉄道とバスを利用してやってきましたが、海を挟んで向かい側に移動するとなればやはり船の方が都合がいいということで、帰路は西戸崎から船に乗ってみます。

西戸崎には志賀島と博多ふ頭を結ぶ市営渡船が寄り道しているのですが、海の中道から福岡市街へは安田産業汽船の船便の方が都合がいいと見え(博多だけでなくももち浜へも便を出しています)、待合室は閑散としています。

乗船時刻ギリギリになって桟橋に案内されました。少し遅れているようです。

少しして船が到着。足早に乗り込みます。

17:15 出港。

志賀島と西戸崎のあいだに日が落ちていきました。晴れていればもっと違った光景だったのでしょうが、これはこれで好みかも。

特に何かあるわけでもないので少々退屈です。まあすでに「まもなく博多です」と表示されている状況ですのでちょっと我慢しましょう。

表示通りに博多ふ頭が見えてきました。

どこへ行く船かはわかりませんが、多くの船が並んでいる姿だけで壮観です。

ずいぶんあとになって知ったことですが、この船は野母商船の“太古”といい五島列島へ向かうそうです。いつか乗ってみたいなぁ。

まさかあんな大型船たちと肩を並べるわけにはいかないので専用の桟橋へ。光り輝いていて良い雰囲気です。

17:30 博多ふ頭着。触れていませんでしたが、志賀島からの乗客は1人、西戸崎からの乗客は3人でした。

志賀島航路にも使用されることがあるという「きんいん3」。大きな姿が羨ましい…。

香椎線であれば西戸崎から奈多に着くくらいの時間で博多に着いてしまいました。やはり内湾航路は偉大です。


運航:福岡市
区間:博多~西戸崎~志賀島
本数:1時間に1本程度※2018/01時点

コメント

タイトルとURLをコピーしました