寄り道が過ぎる

海浜ニュータウンの団地輸送を目的に設立された千葉海浜交通。多くの路線が稲毛駅〜稲毛海岸駅というように、総武線の駅と京葉線の駅とを結んでいる(もしくは京葉線の駅を越えてさらに海側まで足を伸ばす)のですが、それゆえに一部の路線は駅間でかなり大回りをしています。

06:02:43 稲毛海岸駅発。乗車なし。
06:03:48 高洲二中通過。
06:04:49 真砂供給公社着。乗降なし。

以前紹介した美浜線だとここで右折してパイロットハウスに向かうのですが、このバスはまだ京葉線沿いに進むようです。
06:05:53 磯辺五丁目着。
わずか1バス停進んだだけで我がバスも針路を北にとりました。

ニュータウンらしいゆったりとした道路なのですが、意外にもバス停はありません。我がバスが美浜線より大回りしているのは磯辺五丁目のためだけのようです。
06:10:16 パイロットハウス着。1人乗車。
06:11:19 東京歯科大正門通過。

ここで磯辺五丁目への寄り道を取り戻すべく右折して、一路東へと向かいます。
06:12:16 東京歯科大東門通過。
06:12:51 新高洲橋通過。

ここからは歯科大非経由の高浜線と合流するのですが、バスはなおも東へ。稲毛駅のほうが稲毛海岸駅に比べてより東にあるからなのですが、そう考えると磯辺五丁目への寄り道って想像以上の大迂回なんじゃ…。
06:14:36 稲岸公園着。1人乗車。
06:15:34 高洲入口着。1人乗車。

ここでようやく針路を北に戻し、稲毛駅へ向かいます。
06:18:04 京成稲毛駅入口着。1人下車,1人乗車。
06:20:06 稲毛駅着。3人下車。

朝方にしては乗客がいなかったのもそうなのですが、磯辺五丁目のためだけに大回りをしたというのも不可解です。むしろ磯辺五丁目〜パイロットハウス間にバス停を設ければいいと思うのですが、なにか設置できない理由でもあるのでしょうか?


運行:千葉海浜交通
路線:高浜線(歯科大経由)
区間:稲毛海岸駅~東京歯科大正門~稲毛駅
※情報は2018年3月乗車当時のものです※

路線図を見返すとやはり相当の迂回具合なのがわかります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました