千葉県

海のジェット機は想像以上にジェット機だった

東海汽船ではさるびあ丸のような貨客船だけでなく高速ジェット船というのも運航しています。これは一般にジェットフォイルとよばれる水中翼船で、ボーイングが開発したことから海のジェット機と言われることも。大島からの帰りはこのジェット船で冬季のみ寄港する館山へ向かうことにしました。 真...
バス

アンデルセンの陰から

トリップアドバイザーが選ぶ日本のテーマパーク3位に輝いたふなばしアンデルセン公園。シーズンともなれば同園へのバスは満員御礼ですが、実はこのアンデルセン公園のそばからひっそりと走り出すバスがあります。 その始発バス停の名は豊富農協前。農協の姿は見えませんが、農の字がぴったりな鄙...
鉄道

常盤路のいまを追う【その1】柏からひたちに乗車

2020年3月14日のダイヤ改正で富岡~浪江が運行を再開し、常磐線が全線復旧する運びとなりました。今回は一足先に現地を訪れ、復旧前の現状を記録していきます。 ひたちはその名の通り、常磐線を走る特急。おもに品川・上野から水戸を経由していわきまで結んでいます。多くは速達型として上野~水戸をノ...
バス

外房特急とアクアライン

内房特急“さざなみ”がアクアライン高速バス群のおかげで壊滅状態に追い込まれているのはよく知られるところですが、外房特急についてはあまりそういった話を聞きません。東京から外房への高速バスとはいかなるものなのか実際に乗って確かめてみましょう。 ということで東京駅八重洲口バスターミナルの向...
シリーズ記事目次

小坪井林用軌道~房総の山奥に遺された鉄路~

これまで、千葉県に森林鉄道は存在しないと言われてきた。だが、そのないはずの林鉄の痕跡が誰も知らないような山奥の谷に眠っている。しかもそれは今までの森林鉄道の常識を覆すようなシロモノだった。 第一次探索: 0 / 1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 補足 / 番外編...
シリーズ記事目次

1号線に未来はあるか

 千葉都市モノレールといえば世界最長の懸垂モノレールとして知られていますが、その中に存続の危機にさらされている路線があるのはご存知でしょうか。それは1号線の千葉〜県庁前です。同区間は他の鉄道やバス路線が並行しており、割高なモノレールは全く歯が立っていません。以前より廃止論議がなされており、...
バス

終点のその先へ

四街道駅の北東に位置するささやかな団地、つくし座。そこへのバスは当初ラケット型の運行でしたが、2012年よりつくし座方面のみ消防署前を経由する8の字運転となりました。これに際し、つくし座から消防署前への利便性を確保するため、乗車時に申し出れば終点の四街道駅から先消防署前まで追加運賃なしで乗車できる...
自転車

千葉市シェアサイクルオープンデータを分析してみる

2019年7月25日、千葉市シェアサイクルのオープンデータが公開されました。実験の期間自体は2018/03/26~2019/09/30ですが、掲載されているのは2018/04/01~2019/03/31のちょうど1年分。今日で実験期間満了ですしちょっと分析してみましょう。 とはい...
自転車

マックルを偲ぶ

今月をもって千葉市シェアサイクル実証実験は期間満了となり、来月より本格導入に移行することとなります。これを記念して、千葉市の自転車シェアリングの偉大なる先輩、マックル追悼企画を実施することにしました。 突然ですが、皆さんは以下の記事をご覧になったことがあるでしょうか? この...
廃交通探索

鉄道連隊 習志野演習線【後編】

↑前回はコチラ 16:45 歩くことしばらく、道路右手に空き地が現れました。三山駅跡の国有地です。 もちろん境界標石もあります。 そして道路際にはまた別の境界標石が。 「防」の文字が見えます。実はこれ「防衛庁」と刻まれているよう。なんと習志野演習...