廃交通探索

廃交通探索

シェアサイクルで探しに行こう

佐賀から大川、柳川を経由して瀬高までを結んでいた旧国鉄佐賀線。筑後川に架かる昇開橋は有名で私も以前訪れましたが、その昇開橋から南佐賀駅跡までの約5キロはサイクリングロードとして整備されています。今回、昇開橋の再訪がてら佐賀駅まで廃線跡を辿ってみることにしました。 前回訪問時の記事はコチラ...
自転車

PULCLE×藤枝市

前回はコチラ 勾配に任せて坂を下っていくといつの間にか岡部宿に着いていました。国道1号は交わらぬうちにバイパスとして別れていったようで、交通量もかなり落ち着いています。 旧道らしき脇道もさることながらメインの通りもいい雰囲気ですね。 もう少し進むと右手...
自転車

PULCLE×三保半島

前回はコチラ 水上バスを降りた私が真っ先に向かったのはポートでした。水上バスのりばから通りに出るところに、清水エリアでは唯一の充電可能ポートが設けられているのです。 使い方はカンタン。普段通りラックに自転車を停め、柱の横に掛けられている四角い物体を自転車の前カゴ内に...
シリーズ記事目次

小坪井林用軌道~房総の山奥に遺された鉄路~

これまで、千葉県に森林鉄道は存在しないと言われてきた。だが、そのないはずの林鉄の痕跡が誰も知らないような山奥の谷に眠っている。しかもそれは今までの森林鉄道の常識を覆すようなシロモノだった。 第一次探索: 0 / 1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 補足 / 番外編...
廃交通探索

鉄道連隊 習志野演習線【後編】

↑前回はコチラ 16:45 歩くことしばらく、道路右手に空き地が現れました。三山駅跡の国有地です。 もちろん境界標石もあります。 そして道路際にはまた別の境界標石が。 「防」の文字が見えます。実はこれ「防衛庁」と刻まれているよう。なんと習志野演習...
廃交通探索

鉄道連隊 習志野演習線【中編】

↑前回はコチラ シェアサイクルで穴川のあたりまでやってきました。ここから先はバスを用いての探索です。行程では園生口からバスに乗ることとなっていますが、当然ながらバス停にシェアサイクルのポートはありません。ポートマップによれば稲毛区役所が最寄りのようなので急いでそちらに向かいます。 ...
廃交通探索

鉄道連隊 習志野演習線【前編】

コミックマーケット96にて頒布され、お昼ごろには完売となってしまった『鉄道連隊 千葉を走る軍用鉄道の跡を往く』。皆さんはゲットできましたでしょうか?この31ページには京成バスを用いた演習線探索の一例が掲載されています。地元ながら未探索の物件だったので、この例に従って探索してみることにしました。 ...
廃交通探索

嶺岡浅間の鉱山トロッコ

山がないでおなじみの千葉県ですが、意外にも色々な鉱物資源が産出する土地柄で、たとえば一宮では砂鉄が取れましたし、茂原では天然ガスとヨウ素が採れます。そしてシャチで有名な鴨川の地にも地味ながら日本を支えた鉱山がありました。 鉱山があったのは鴨川平野の南に位置する嶺岡山中。ここで...
廃交通探索

ほそ道の奥に

二入のバス停から少し南に下がったところで一本の小径が合流してきます。集落内のちょっとした道にしか見えませんが、実はこの先に人々をアッと驚かせる隧道が存在しています。 少しばかり登っただけで家並みは途切れ、舗装も終わってしまいました。 なかなか鬱蒼としていますね…...
廃交通探索

航空自衛隊第1補給処専用線

木更津というと陸上自衛隊の基地があることでも有名ですが、この基地からかつて木更津駅に延びる専用線が存在しました。江川線と呼ばれていたこの路線の跡地には近年までレールが残存していたのですが、残念ながら昨今流行りのメガ(?)ソーラー施設となり撤去されてしまいました。ですが、当地には実はもう一本...
廃交通探索

小坪井林用軌道 第六次探索【その0】

トップにもどる 田代本線の探索もあらかた終了し次はどこに行こうかと思っていると、毎度毎度参考にさせていただいているオブローディングサイト「山さ行がねが」に衝撃の情報が掲載されました。 「(ヅウタ隧道について)上だけ20cmくらい開いている北口坑口と思われる穴を見つけました。」山...
廃交通探索

戦後初めて走った電車

 2003年、沖縄都市モノレール(ゆいレール)が開業し、戦争で鉄道を失った沖縄にも鉄道が帰ってきました。しかし、ゆいレールの開業以前に一時的ではありますが沖縄に電車が帰ってきたことがあるのです。  1975年、沖縄返還を象徴するイベントとして沖縄国際海洋博覧会、いわゆる海洋博が開催...
廃交通探索

京成谷津支線を知っていますか?

玉川電気鉄道が二子玉川園を、小田原急行鉄道が向ヶ丘遊園を、といったように私鉄各社は自社線のオフピーク時輸送を狙って沿線に遊園地を経営していました。京成とて例外ではなく、谷津の海岸地帯に京成遊園地を開業させているのですが、開業当時最寄りの谷津海岸駅から遊園地に向かう道路はなく、アクセスは全く...
廃交通探索

小坪井林用軌道 第五次探索【その3】

この探索では自分の身を危険にさらす行為を多数行っております。当記事を真似たことによる損害に関して、当サイトは一切の責任を負いませんのでご注意ください。 前回に戻るトップに戻る (探索日:2018/03/27) 三島氏が負傷者を伴って川を下っていくとのことだったので、私...
廃交通探索

小坪井林用軌道 第五次探索【その1】

この探索では自分の身を危険にさらす行為を多数行っております。当記事を真似たことによる損害に関して、当サイトは一切の責任を負いませんのでご注意ください。 田代林道にもどる【その0】にもどるトップに戻る (探索日:2018/03/27) 前回の林道脱出地点までやってきまし...
廃交通探索

元清澄山への道

 わずか2ヶ月前に酷い目にあったばかりなのにもかかわらず関東ふれあいの道を歩いてきたのは、田代林道合流地点より東側では林道然としていて疲労なく歩けそうだったから。ですが、この状況を見るにそれは幻想に過ぎなかったようです。せめて尾根筋をたどる階段道にならないことを祈るばかりですが…。 ...
廃交通探索

京葉臨海鉄道食品北線支線

前記事公開後、こんな情報をいただいたので再訪してきました。 …と、その前にいい匂いに負けてこちらへ…。(A地点)こちらのデイリーヤマザキでは近くに工場があることを活かし、焼きたてパンの販売を行っています。 選んだのは王道をゆくメロンパン。焼きたてということでとて...
廃交通探索

小坪井林用軌道 第四次探索【その5】

この探索では自分の身を危険にさらす行為を多数行っております。当記事を真似たことによる損害に関して、当サイトは一切の責任を負いませんのでご注意ください。 トップにもどる【その4】にもどる (探索日:2018/01/21) <14:07> 我々の前に突如...
廃交通探索

小坪井林用軌道 第四次探索【補足】

この探索では自分の身を危険にさらす行為を多数行っております。当記事を真似たことによる損害に関して、当サイトは一切の責任を負いませんのでご注意ください。 トップに戻る【その4】にもどる (探索日:2018/1/22) 三島氏が崖から飛び降りざるをえなくなってしまった時、...
廃交通探索

小坪井林用軌道 第四次探索【番外編】ぜんぜんふれあってくれないふれあいの道

トップにもどる【その3】にもどる <11:57> ズサーーー 最後の斜面を滑り下り、田代林道に到達しました。下りているときはこんなところどうやって上り下りするんだよ…と思っていましたが、写真を見返してみると案外いけそう…。 先ほど尾根上でも見たヒメコマ...