廃交通探索

廃交通探索

鉄道連隊 習志野演習線【後編】

↑前回はコチラ 16:45 歩くことしばらく、道路右手に空き地が現れました。三山駅跡の国有地です。 もちろん境界標石もあります。 そして道路際にはまた別の境界標石が。 「防」の文字が見えます。実はこれ「防衛庁」と刻まれているよう。なんと習志野演習...
廃交通探索

鉄道連隊 習志野演習線【中編】

↑前回はコチラ シェアサイクルで穴川のあたりまでやってきました。ここから先はバスを用いての探索です。行程では園生口からバスに乗ることとなっていますが、当然ながらバス停にシェアサイクルのポートはありません。ポートマップによれば稲毛区役所が最寄りのようなので急いでそちらに向かいます。 ...
廃交通探索

鉄道連隊 習志野演習線【前編】

コミックマーケット96にて頒布され、お昼ごろには完売となってしまった『鉄道連隊 千葉を走る軍用鉄道の跡を往く』。皆さんはゲットできましたでしょうか?この31ページには京成バスを用いた演習線探索の一例が掲載されています。地元ながら未探索の物件だったので、この例に従って探索してみることにしました。 ...
廃交通探索

嶺岡浅間の鉱山トロッコ

山がないでおなじみの千葉県ですが、意外にも色々な鉱物資源が産出する土地柄で、たとえば一宮では砂鉄が取れましたし、茂原では天然ガスとヨウ素が採れます。そしてシャチで有名な鴨川の地にも地味ながら日本を支えた鉱山がありました。 ...
廃交通探索

戦後初めて走った電車

 2003年、沖縄都市モノレール(ゆいレール)が開業し、戦争で鉄道を失った沖縄にも鉄道が帰ってきました。しかし、ゆいレールの開業以前に一時的ではありますが沖縄に電車が帰ってきたことがあるのです。  1975年、沖縄返還を象徴するイベントとして沖縄国際海洋博覧会、いわゆる海洋博が開催...
廃交通探索

元清澄山への道

 わずか2ヶ月前に酷い目にあったばかりなのにもかかわらず関東ふれあいの道を歩いてきたのは、田代林道合流地点より東側では林道然としていて疲労なく歩けそうだったから。ですが、この状況を見るにそれは幻想に過ぎなかったようです。せめて尾根筋をたどる階段道にならないことを祈るばかりですが…。 ...